3次元CAD「TopSolid」は製缶現場で威力を発揮!

3次元CAD「TopSolid」は製缶現場で威力を発揮!

■事例カテゴリ

  • 002_ソフトウェア

3Dを作図することによって2D図面の不具合確認、3Dから2Dへの部品“バラシ”、ミスの少ないパーツの製作指示が可能になります。(板・形鋼材etc)

004_営業部-栗原

剛実鋼材株式会社様 会社概要

3次元CAD「TopSolid」は製缶現場で威力を発揮!
住所 : 
〒720-0202 福山市鞆町後地26-86
TEL : 
084-983-5062
FAX : 
084-982-1317

ガス・プラズマ溶断加工販売、製缶加工、3次元CADを中心として間違いのないものを制作されています。

導入前の課題や問題点

  • 溶断だけでは利益が取れない。
  • 造船の仕事に将来性が見えない。
  • 製缶の経験者が少ない。

 

提案内容、導入までの経緯、決め手となったもの

  • 3DCADの経験者がいる。
  • 2DのDXF・DWGのデータが活用できる。
  • 2次元CAD感覚で3D化が可能。(扱い易さ)
  • 3DCAD側を修正すると2DCAD側も自動で変更できる。(リンクしている)
  • リモートサポート(お客様とコダマコポレーション間でサポートが容易)
  • 3Dの組図が現場で好評である。
  • プラモデル化で誤作がなくなる。
  • 海外研修生でも組立が容易である。
  • 英語のヘルプのオプションがある。
  • 2Dから3D化にする際、図面の不備がなくなる。(2DCADの場合、寸法と図形の相違がある。)
    ※2Dの図面の場合、干渉チエックが不十分である。
     

製品・サービスの特徴

3次元ソリッドCADシステム TOPsolid

  • ハイエンド機能をミッドレンジ価格
  • 製缶に必要な切欠き・曲げに対応(板厚の伸び代を自動計算)
  • 図面変更はすぐに対応できる
  • 2DのDXF、DWGに対応
  • リモートサポートする為に技術者が70人体制でバックアップしている。

3DCADを運用する場合、「導入前はあまり注意を払わない」「聞きたい時にすぐ答えてもらえない」等、サポートの充実度が最大の障害になります。

TOPsolidには上記の問題を解決するため「リモートサポート」のサービスがあります。コダマコーポレーションでは70人の技術者によるバックアップ体制を整えているため、急ぎの問い合わせや難易度の高いご質問にもできる限り迅速に対応することが可能です。
(今までの実績として、サポートに関するクレームは当社の納入先で全く発生していません。)

 

※画像をクリックすると拡大します。

製品情報(製缶ダクト)

3次元的にねじれているため2D-CADでは対応できません。(TopSolidなら展開が可能)

3D製缶組図

一般製缶の3D製缶組図です。

導入後のお客様の声・感想

  • TopSolid導入時、周りから色々な声が出ましたが実績を挙げるごとに見る目が変わってきました。
  • 受注先に3Dの組図をお見せすると非常に反応がよく、見える化の感触があります。
  • 現在では製缶部門では3D組図のお陰でプラモデル化が実現しました。
  • 3D組図の経験不足者でも十分戦力者として使えます。
  • 今後はTopSolidの増設も検討しています。

フィリピンからの研修生ウィニーさんと。TopSolidをしっかり使いこなされています。

担当者より

担当者より

剛実鋼材株式会社様では鉄材の溶断業を主力とされてきましたが、昨今の単価下落に伴い製缶加工業界にも進出されました。今では厳しい単価も3DCAD(TopSolid)導入の効果で現場は効率よく製作ができるようになり、必須のCADソフトになっています。2次元CADでは展開が出来なかった客船のファンネル(煙突)の3D展開(右図)は造船会社からも褒められたそうです。

製缶加工の経験者の少ない中でTopSolidの有効性が実証できたことは提案冥利に尽きます。非常に不安の多い中、TopSolidの可能性に賭けられた松本社長様に頭が下がります。

製品情報

製品名3次元ソリッドCADシステム TOPsolid
メーカーコダマ コーポレーション
備考TOPsolidはカーネルにParasolidを採用したNURBSベースの3次元ソリッドCADシステムで、TOPsolidシリーズのコアテクノロジーです。
ワイヤーフレーム、サーフェス、ソリッド、シートメタルの組合せで3次元空間上に自由に開発・設計者の感性をモデリングできます。
お問い合わせをする
ページのトップへ