【働き方改革 実践中】在宅ワークやってみました!

2019/06/21カテゴリー:お知らせ

在宅ワークとは

自宅にて、会社とはパソコンとインターネット、電話、で連絡をとる働き方です。

社員の在宅ワークの利用は多い?

サンエイでは、在宅ワークを取り入れる社員が徐々に増えてきています。
元々の目的として、女性が「出産・育児」を機に会社を辞めざるを得ないことや、仕事と育児の両立の負担を少しでもカバーするため、当社も導入に至りました。

今では男性社員も育児の為、在宅ワークを活用するようになり、より一層社員の働き方が変化しています。

↓営業マンのテレワーク体験談はこちら
効率UPで残業削減! テレワーク活用体験談

在宅ワーク体験談

今回は、広報の上川へ在宅ワークの感想を聞いてみました。

Q1.初めての在宅ワークはどうでしたか?

通勤時間がないので、朝の支度がいつもより ゆっくりできたので
精神的に気持ちのゆとりができて良かったです。

Q2.ご家族の反応はどうでしたか?

「今日、休み?」と最初、驚かれました。

Q3.在宅ワークのメリットは?
  • 通勤時間が省かれるので、ゆとりが少し生まれる。
  • Web会議は、普通の会話のやり取りよりも、意見や考えが伝えやすくなる気がする。
  • 在宅をしているもの同士でも、Web会議の音声・映像はストレスなく使用できたので、
    スムーズなコミュニケーションができました。
    こうした「環境づくり」が、在宅ワークには不可欠だと感じました。
Q4.在宅ワークのデメリットは?

現場(会社)と家で、Webカメラで会話をする時、現場での熱量が感じにくい。
「○○さんはどう思う?」という風に、声掛けを積極的にしていくなど、
会話のやり方に工夫が必要な気がします。

Q5.家で仕事する場合、どのような環境が整っていたら良いですか? 

パソコンの他に、ディスプレイとイヤホンマイクがあったら良いですね。 
一つの画面での作業は見づらいので、デュアルディスプレイができる環境がベストだと思います。 
あと、家でも疲れない環境づくりが必要。テーブル、椅子など、自分にあったものが良いですね。

まとめ

在宅ワークをする上で「環境づくり」は必要だと思いました。 
あと、在宅をしているもの同士のWeb会議でのコミュニケーションの取り方に 
とくに問題はなくスムーズにできたと思います。 

*サンエイは昨年、「テレワーク先駆者百選」に選ばれました!
「テレワーク先駆者百選」とは、総務省がテレワークの普及促進を目的として、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体を「テレワーク先駆者」とし、その中でも十分な実績を持つ企業・団体を「テレワーク先駆者百選」として公表するものです。

★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・

サンエイの出来事や情報を定期的に配信!
あなたの「 いいね!」お待ちしております^^
https://www.facebook.com/fukuyama.suna/

★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・