想いの詰まった新社屋のレイアウトご提案

想いの詰まった新社屋のレイアウトご提案

■事例カテゴリ

  • 005_オフィス家具

新車・中古車・未使用車を販売されている株式会社ABC様が、津之郷町に新社屋をオープン。店舗内のレイアウトやオフィス家具一式を全面的にご提案させていただきました。

008_営業部-田村

株式会社ABC(ABCcars)様 会社概要

想いの詰まった新社屋のレイアウトご提案
住所 : 
〒720-0841 福山市津之郷町大字津之郷13-1
TEL : 
084-952-3003
営業時間 : 
10:00~20:00 定休日:年中無休
URL : 
http://abc-cars.jp/

福山市内で新車・中古車・未使用車の販売を行われている株式会社ABC様。福山市内ではABC cars店、TAX福山店、ビナンオート店で事業展開をされています。

自動車を販売するだけでなく年間を通じて様々なイベントを企画されており、地域の方々にも愛されている企業です。

レイアウト提案に関するご要望

  • 社員が活き活き働ける環境づくりをしたい。
  • お子様連れのお客様にもゆっくりと過ごしていただきたい。
  • イベントなどの際に自由にレイアウト変更ができるようにしたい。
  • プロの目線で、様々なアイディアを出してほしい。

 

導入までの経緯

レイアウト提案に関するご要望今回はデザインや空間の使い方が要となる商談でした。女性目線でのお店づくりもポイントでしたので、オフィス家具メーカーPLUSの女性デザイナーにお願いをしました。

また、商談スペースの椅子はかなりのこだわりを持って選定されました。10脚ほど椅子をご用意して実際に座り比べていただき、デザイン面や座り心地など様々な要素を考慮した上で決定されました。

レイアウトのご提案時には3Dの図面をご覧いただき、配置や色彩設計なども含めて視覚的にも分かりやすいご提案を行うことができました。

【商談スペース】

商談テーブルの天板は全体の雰囲気と合わせるために木目調で統一。

椅子はアダルの「デルタ」。カンチレバー機能と本革のテンションで抜群の座り心地の椅子です。

≫「デルタ」製品情報|アダルホームページ

車検などをお待ちいただくスペースには、クレスの「スティロ」の1人掛けタイプとガラステーブルの組み合わせ。

お客様にもゆっくりとくつろいでいただくことができ、空間自体も自由にレイアウト可能。

≫【スティロ】CR’ES STYLO 店舗・業務用待合室ベンチソファ

 

カウンター部分は造作のカウンターにも合う、オリバーの「SCS-3011」を採用していただきました。 姉妹店のTAX福山様でも同じチェアのブラック色を商談用としてご採用いただいています。

座り心地と質感がとても良い商品です。

【事務所スペース】

事務所内のデスクはメープル天板と白天板で爽やかに演出。
とても締まった雰囲気の事務所となりました。

 

【メカニックスペース】

足元に仕切りがなく、椅子に座ったままでも横への移動が簡単なPLUSの「ステージオフリー」を採用。
別注品の幕板は汚れの目立たないブラックに統一しました。

≫ステージオフリーS|PLUSホームページ
≫ステージオフリーの紹介動画を見る(youtube)

 

 

 

ショールーム完成後に追加されたもの

ABC様は、オープン当初には無かったコミュニティールームや雑誌スタンドを別注で作られたりと、お客様をお迎えするショールームに日々変化を加えられています。

いつも家具やレイアウトに関する案件の時は「おもしろおかしくお願いします。」というご依頼をいただきます。 ABC様からのご依頼は高いレベルのご要望も多いため大変なことも多々ありますが、そのおかげで私自身も成長させていただいています。 

【別注の雑誌スタンド】

お客様が車検の間ゆっくりと時間を過ごして頂くために、雑誌や本を置くスペースを新たに設置。
雑誌スペースは周囲との配色や収納力を考慮し、別注で作らせていただきました。

(2012年12月設置)

雑誌スタンド ~Before~
雑誌スタンド ~After~

【コミュニティールーム】

本社敷地内に地域の方々やお仲間とのコミュニケーションスペースとして無料で開放されているコミュニティールームの備品もご提案させていただきました。

椅子は木目を使って温かみを演出し、カラーはダイハツカラーでもある赤色をご採用いただきました。

(2012年11月設置)

 

  

 

お客様の声

今回の新社屋オープンに伴い、事務所とショールームのレイアウトの検討段階で事務所部分は中古品でという話もありましたが、バックヤードも全て新しいものでそろえることで社員のモチベーションにつながればと思い、新品を導入する決断を行いました。

オープン後はスタッフのお客様対応や社内での行動が生き生きしており、大きな買い物ではありましたが全て新しいもので環境を整えて良かったと思っています。

今思えばオープン4カ月前からコピーの営業に来た田村君に「今しかないですから」と上手い具合に載せられてコピーを買ったところから、スチール家具まで全て良いようにやられたなぁと感じています(笑)。

当社とサンエイさんの想いのこもったショールームですので、今回納品いただいたスチールを見てみたいという場合でもお気軽にお立ち寄りください。私がご案内させて頂きます。

 

田村(左)と佐藤社長

担当者より

担当者より

本格的にお話をさせていただいたのは2011年の2月頃からでした。レイアウトを丸ごとお任せいただき、やりがいを持って最後まで携わらせていただきました。

中でもショールームの椅子については「来店されたお客様にゆっくりと過ごしていただきたい」という想いから、大変強いこだわりを持って選ばれていました。様々な椅子の中から吟味を重ねて選ばれただけあって、来店されたお客様にも喜ばれているとお聞きした時には本当に嬉しく思いました。

オープン後1ヶ月で来社されたお客様は3000人以上、当月の売上目標に対しての達成率も200%とのこと。

図面の修正回数が十数回にも及んだ事や、打ち合わせ内容の変更が多々発生した事も、それだけこだわりを持ってお客様をお迎えされている結果なんだということを今更ながら気づかせて頂きました。

社長をはじめ株式会社ABC様とサンエイの想いが詰まったショールームに、ぜひ足を運んでみてください。

お問い合わせをする
ページのトップへ