認定セールスアドバイザー田村が語るkintoneの魅力

2018/07/05カテゴリー:サンエイラボ

認定セールスアドバイザーが語るkintoneの魅力

こんにちは。認定セールスアドバイザー(SA)の田村です。今回は、営業目線でkintone(キントーン)を活用した業務効率化をご紹介させていただきます。

*認定セールスアドバイザー(SA)とは
サイボウズ製品の販売に必要なスキルを保有し、エンドユーザーに対し提案・販売・教育活動のできる
スペシャリストのことです。

 

kintone(キントーン)とは

webデータベース型の業務アプリ構築クラウドサービスです。
案件管理、営業日報、顧客リスト等、さまざまな業務をスピーディーに作成でき、
チームでの共有やコミュニケーションも可能です。

 

kintone(キントーン)の良いところ

皆さん、営業日報ってどうされていますか?
まだ紙の運用やメール報告されているお客様も多いのではないでしょうか。

弊社ではkintoneを活用した営業日報(作業日報)の電子化を推奨しております。紙だと記入は確かにしやすいですが、チームで共有したり、簡単な分析したり、後々の検索が容易ではありません。

紙は一過性のものとしては、とても便利なものですが、情報を蓄積し、会社の資産として考えたときは不向きですよね。これからは情報を活用する時代です。その1歩目として非常に導入しやすいのがこのkintoneです!

自社の帳票をほとんどそのまま電子化して、スマホやPCでも簡単に入力できるようにアプリを作成することができます。もちろん皆さんでも。

一度使い始めると抜け出せなくなる企業様が続出中です!笑

 

おすすめ運用方法とは

認定セールスアドバイザーが語るkintoneの魅力

今回お勧めの運用方法としてご紹介するのは営業日報(作業日報)です。
まず「紙」と「kintone画面」の比較を見てください。

ほとんど一緒ですよね!紙だと全て記入する必要がありますが、kintoneだとタッチ選択やプルダウン選択で記入するよりも効率が上がることもありますし、何よりスマホだと写真を一緒に添付できるのがうれしいですよね。

認定セールスアドバイザーが語るkintoneの魅力

もちろんスマホだと現場での入力が可能ですので、事務所に帰って作業報告書を書くなんてこともありません。
これだと、合間合間の時間を有効活用できますね!

 

入力業務よりもkintoneの最大の魅力は
「分析」「グラフ化」「共有」にあり!

認定セールスアドバイザーが語るkintoneの魅力

入力した日報から簡単な分析もできちゃいます!

例えば、「商談」「定期訪問」「配達」「集金」などの項目ごとの構成比を出して、各担当者ごとに行動分析することもボタン1つで作成できます!こんなに簡単に分析できるなんて!と驚かれるお客様も多いのが事実です。

今の時代は、管理・分析するために別の資料を作るのではなく、入力したものがそのまま数値化できることが大切ですね。

また、入力した情報は指定した方へ登録した時点で通知が届き上司への報告が可能ですし、登録した情報はチーム全体で共有できるため、月末に成功事例の共有や日々のクレーム共有も全社で容易に行うことができます!

 【満員御礼】お申込は締切りました

7月10日(火)11日(水)13日(金)報告書の電子化体験会 開催!

報告書の電子化体験会 開催! 各種報告書・日報を紙・エクセルで作成されている方向けに、報告書の電子化体験会を開催します。ぜひお気軽にお問い合わせください。

報告書の電子化体験会の詳細についてはこちら